<年間登録制の主旨と特徴>

 

広い視野と人を診れる

セラピストの育成の場

 

年間登録制勉強会の目的は

「広い視野を持つ」です。

セラピストの役割は

リハビリテーション(全人間的復権)にあります。

 

人を診る」為に必要な事は、

医学的側面、身体機能面、能力面、社会環境面、

精神機能面など多面的な知識が必要です。

 

興味のある分野のみに捉われず、

広い視野を持つ事で何より臨床の深さに気付き、

大変な臨床現場を楽しむ事が可能になります。

 

臨床の第一線で活躍されている多くの先生方に

資格やエビデンスに捉われない臨床での「気付き」

具現化して発表して頂きます。

 

是非年間のプログラムをご覧下さい。

身体機能のみでなく、精神機能や言語機能、

環境面など広く、そして経験からの

深い「気付き」を満載しています。

 

総勢19名、その平均経験年数は15年以上

PT,OT,ST、柔整鍼灸士、総合格闘家PT

臨床心理士物療機器専門家が演者として発表

 

施設ごとでの登録も可能

一度年間登録すると今後の

特別勉強会がかなりお得に参加

出来ます。

 

今年度は事前にテーマに関する質問を

集めるシステムにトライしていきます。

 

<開催案内>

 

開催日時:偶数月第1(第2)日曜日

     10時~17時

 

会場  :医療法人社団 成煌会

     瑞江整形外科

 

   東京都江戸川区瑞江4-45-1

   都営新宿線 瑞江駅 徒歩5分

   www.mizue-seikei.com

 

定員: 年間登録者 35名 まで

 

年間登録料:

 

 新規個人登録 30,000円(年間6回分)

 *特別勉強会割引有

 

 施設登録 一枠 36,000円(6回分)

 *特別勉強会割引無

 

各回での参加 新規個人 各回6,000円

       既登録者 各回3,000円

       *施設枠は御座いません。

 

申し込み方法 : メールにて申し込み

         下記事項要確認

 

 メールタイトル

 「2018年度定期勉強会年間登録の申し込み」

 

  「個人登録」か「施設登録」を明記

  その上で下記事項の記載をお願い致します。

 

  <個人登録の場合>

  ①氏名

  ②職種

  ③所属先

  ④経験年数(来年度で何年目)

  ⑤連絡可能なPCメールアドレス

  ⑥年間登録の有無

 

  <施設登録の場合>

  ①代表者

  ②施設名

  ③施設登録枠数(複数の場合記載)

  ④代表者もしくは連絡可能な

      病院のPCメールアドレス

 

 2018年度日程とテーマ、演者の紹介>

*企画中・交渉中も含みます。

日程やテーマの確定まで随時更新します。

 

4月 8

 

瑞江整形外科 理学療法士 21年目

M-care代表  川口 真

「セラピストに求められる態度、哲学」                  

~広い視野と人を診る面白さとは~                                   

                                                                 

東京都立東部療育センター 主任

作業療法士    21年目

山際 英男

Making Connection」

~フェルデンクライスメソッドに学ぶ

 関係性の創りかた。

   タッチの質を高めよう~           

もしくは

「バランス機能の再組織化」

~発達に学ぶバランス機能の

      組織化プロセス~ 

*上記のどちらかになります。

 

臨床心理士

瀧田 絵美  *当勉強会初登壇

「受傷から回復までの心理と支援」           

~スポーツ選手の心理サポート~ 

 

63

整形メディカルプラザ         主任

理学療法士             18年目

生井 真樹

「疼痛への評価とアプローチ」

  ~慢性疼痛を中心に~

 

国立障害者リハビリテーションセンター

言語聴覚士             15年目

北條 具仁

「STの特性」

~コミュニケーションのプロである

          思考プロセス~

 

85 

奥秋整形外科 

理学療法士     23年目

黒木場 博幸

「呼吸と姿勢」                                                              

 

瑞江整形外科     三浦 英里子

作業療法士    14年目

「脳卒中患者様の将来を見据えて、

 急性期・回復期のアプローチについて」

 ~歩行自立に向けて~

 

瑞江整形外科          山田 正和

柔整・鍼灸師          11年目

「 鍼 」

 

中野共立病院          副主任

理学療法士             10年目

鈴木 大介

「呼吸機能の評価と治療」

 

107           

 千葉柏リハビリテーション学院

理学療法士   13年目

専任教員   菅原 寛之

「コミュニケーションについて」                                                                      

 

守島医院   榎本 一幸

理学療法士    12年目

「股関節機能と治療」

 

医療機器メーカー                            

「 物療関連 」

*現在調整中

 

121           

 理学療法士    17年目

坂本 和則

「中枢神経疾患の

   リハビリテーション」

 

みどりの葉記念病院 主任

理学療法士     17年目

味方 博史

「インソール、足部へのアプローチ」

~触診、テーピングやパットの効果~

 

名戸ヶ谷病院     坂本 宗樹

理学療法士      17年目

「脳卒中の下肢装具の使い方」

~適合させるための評価の仕方~                             

 もしくは

「訪問リハでのアプローチ」

 ~多種多様な病態に

 対応するための知識と評価~

 *上記のどちらかになります。

 

23

国際医療福祉大学 専任講師

理学療法士     14年目

志村 圭太

「障害者スポーツと

  理学療法士の関わり」

~パラスイム日本代表チームに

         おける活動~

 

理学療法士 総合格闘家

田村 彰敏    16年目

*当勉強会初登壇

「一時的に右半身麻痺、失語症、

  認知機能低下を経験した

   理学療法士兼格闘家のお話」

 

LOOPZ      代表取締役

中越 清登

「民間スポーツ施設(ジム)

  としてのスポーツ選手との

         かかわり方」

~アスリートと一般患者様との

        共存の可能性~ 

 

みさと健和病院      主任

理学療法士     14年目

中村 欣司

「卒後教育」

~知識技術の伝え方、もらい方~

 

演者合計19

平均経験年数は15年以上

 

お問い合わせ      

 medical.for.medicals@gmail.com

  医療者の為に医療を考える「M-care   

  代表    川口 真